出会い系での成功談や失敗談のエピソード集

 

美味しい思いが出来ることもあれば、怪しい出来事に遭遇することもあるのが出会い系です。

 

ここでは、出会い系やマッチングサイトでの出来事、体験談を紹介しています。

 

「へぇ〜うらやましい!」

 

「えーーーやばくない?」

 

「泣けるいい話」

 

「そうか、そういう失敗があるのか!」

 

「そのアプローチ方法、テクニックは使える!」

 

 

などなど、エピソードを随時更新してまいります。

 

 

美人局じゃないかと疑うほどの可愛い子と出会えた。

 

 

顔写真を公開していないし、全然期待はしていなかったのですが…その日の池袋西口に現れたのは、控えめに言っても天使でした。

 

顔が兎に角可愛いし、スタイルもいいし、なによりも声が可愛い沙也加という名の21歳フリーターでした。

 

こっちは50近いオジサンですし出会い系とはいえ本当にいいのか一瞬迷いましたが、彼女の方がお構いなしにホテルまでずんずん歩くので付いていきました。

 

ホテルに入ってからも、まだ美人局なんじゃないかと疑っていた私は、探りがてら「本当に自分みたいなオジサンとでいいの」と尋ねました。

 

沙也加はあっけらかんと「家出していてお金に困ってるから」と服を脱ぎ始めます。

 

それならこちらも据え膳食わぬは男の恥であります。

 

下着姿の彼女に色々なポーズを取らせてみました。

 

実は下着フェチなものですから、スタイルも良くて可愛い女の子のランジェリー姿というだけで大興奮です。
顔は絶対に写さないということを条件に、下着姿を何枚か写真に撮らせてもらいました。

 

で、一緒にシャワーを浴びて身体を洗いっこして若い肉体を堪能させてもらいました。

 

残念だったのは所謂「マグロ」だったことだけです。
挿入しても照れているのは何なのか、ほとんど彼女は声を出しませんでした。

 

まあ具合は最高だったので、すぐに発射してしまってのですけれども。


 

 

 

出会い系アプリを使って婚活した時のエピソードです!

 

出会いがなかった私は、出会い系サイトを初めて使うことにしました。

 

出会い系などは、正直半信半疑でしたが、まずは体験してみないと分からないと思い、登録スタート。

 

苦手なガツガツ系は無視して、収入と顔、年齢を自分の希望に絞って活動しました。

 

すぐに多数の連絡がきたので、ちょっと怪しいなかな?と思う男性をブロックしました。

 

目をつけた男性にコミュニケーションをとり、ちゃんとコミュニケーションが取れる人か??
趣味や共通点はあるか?などを重点的にチェックします。

 

またずっとアプリでメッセージのやりとりをしていても仕方がないと思っていたので、
5往復くらいで外で会う約束をしました。

 

会う日程も直近にして、同時くらいに男性を確認できるようにしておくと、絞って行きやすいです。

 

●1人目、素朴なシャイボーイ。

 

そのわりには、ちゃんとエスコートはできて、意外と大手機械メーカーのやり手だった。
映画をみてからランチする。ご飯代はすべて男子持ちでした。素晴らしいですね。

 

●2人目、バツイチで野球選手のようなギラギラタイプ。
写真と実物がおもったよりギャップがあり、すぐに帰りたくなったけれそ、夜のお食事だけはすることに。

 

あちらは気に入ってくれたようで、2件目もさそわれましたがフィーリングが合わなかったので丁重にお断りしました。

 

●3人目、なんでもない普通の男性。

 

なぜこの人と約束したのかな?と自分でも謎だったのですが、結局、この男性とが一番フィーリングがあいました。わからないものですね。

 

すぐに会いたいと連絡をもらえたのはいいポイントでした。(私的にはですけどね。普通ならアウトな流れじゃないですかね)

 

初日会ってから、3日後にまた誘われて付き合おうと告白されました。

 

バカにしていた出会い系アプリも捨てたものではないとおもった出来事でした。


 

 

 

直感的な違和感の正体

 

華の会メールの検索で、同じ地域に住む方を見つけました。

 

彼女のプロフィール紹介には、お酒と焼き鳥が好きだと書いてありました。

 

無理を承知に彼女のページにコメントを残すと数分もたたないうちに返信がありました。

 

すぐさま返信をしたところ、またもやすぐに折り返しのメール。

 

ちょっと危険な感じを受けたりましたが、当たってみなけりゃ分からない!

 

と、その晩に会うことになしました。

 

 

約束場所は、大きなターミナル駅の改札口。

 

いろいろな不安要素を拭えないままに改札口に向かうと、彼女とおぼしき女性が待っていました。

 

お世辞にも美人ではありませんでしたが、

 

私は心の中で『話しぐらいはしても、いいかな』と思いました。

 

軽く、挨拶をしてから居酒屋に向かうことにしました。

 

ただ、居酒屋に向かう途中でも何んだかわかりませんが、違和感がありました。

 

 

居酒屋では、私から『エッチが目的なワケじゃないから』と彼女に話すと、

 

彼女の表情が少し曇ったのです。

 

私は心の中で、『何かあるなあ、性病持ちとか?』などと、思いをめぐらせました。

 

 

2時間弱でしょうか、色々と話をして彼女の方から、メールの交換を言われました。

 

しかし、ちょっと心配だったので、「もしも連絡が必要ならサイトの伝言板の方に送ってくれれば良いから」

 

と、交換はしなかったのです。

 

そして、その夜は何事もなく帰宅しました。

 

 

次の日

 

朝から、私のサイトの伝言板に彼女からのメッセージが次から次へと送られて来るようになりました。

 

 

その中で、彼女は精神科に通院していることが書かれていたのです。

 

私が感じた違和感が当たりました。

 

私の電話番号やメルアドを教えなくて本当によかったと思いました。


 

 

 

華の会メールで医療事務の35才が、割に美女だった件

 

 

最近は30代にもなって今まで女遊びはあまり経験がなかったため、

 

思い切って出会い系アプリ、マッチングサイトという最近流行っているものをはじめてみた。

 

なれないせいか、何度か失敗もしながらもちょくちょく良い思いも出来るようになってきた中での

 

一例として他愛のない体験談ですが話します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人気がありそうでモテそうな女性、そんな人は自分なんか見向きもしてくれないんですよ、、

 

でも、稀にアタリの人がいるんですよね!

 

 

・利用していた出会い系サイト 華の会メール。

・体験エピソード

 

 華の会メールで出会った女性に関する話です。

 

どんな女性か 

 

35才(自分が34だったので話が合いやすいように、年齢が近い人を選択)

 

身長160cm

 

医療事務

 

O型

 

 

・アプリ内メッセージ

 

メッセージ内容

 

『こんにちは!今、家でトランポリンをしていたところです△△さんは何されてましたか?』と、

 

色々とツッコミどころ満載なユーモアな文を意識して送信し、『えwww トランポリンなんて家にあるんですか?! 

 

『相当広いお家なんですねww』とお決まりの返事をきて、住んでいるところや実家、仕事、歳が近いで過去の流行りなどをネタにしてメッセージを7通程やりとりしたところで

 

『LINEでやりとりしませんか?? アプリ経由より早いかとおもって〜』とお願い。

 

『いいですよ!』と、すんなりLINEへの移行に成功しました。

 

 

・LINE

 

『華の会メールでやりとりさせて頂いてた〇〇です!LINEでもよろしくお願いします!』と送信。

 

相手も一人暮らしということでなぜか風呂の追い炊き機能の真面目な話を5通程やりとりした後、

 

 

『ところで今度コーヒーでも飲みながらお話でもしませんか??美味しいコーヒーのお店知っているので』と誘い出し、デートのアポに成功する。

 

食事や観光などを理由に誘うと、ちょっとハードルが上がり気味なきがしていたので、「お茶でも」って感じでさりげなく。

 

さらに美味しい珈琲といえば、おしゃれ感を演出できてハードルが下がると思います。

 

追い炊き機能の話なんかで盛り上がるとはノリが良い人なんだろう?

 

ってかスムーズにライン移行とデートアポを1日で終えました。。

 

・喫茶店

 

新宿で待ち合わせし、実際に会うことに。。

 

待ち合わせ直前に電話して聞く初めて聞く声は、新鮮な感じで非常にいいものです。
この女性は天然そうなふんわりした声でした。

 

そういうところがたまりません!

 

新宿アルタ前と人がごちゃごちゃしているところで待ち合わせ。

 

相手は家で片付けをしていて時間に気づかず遅刻するというラインを受け、待ち合わせのわせ時間の15分過ぎに到着。 

 

 

『初めまして!』と、体が細くてショートカットの画像のままの人でした。

 

結構美人で似ている芸能人は波瑠です。

 

写真うつりが悪い?撮り方が悪かったのかな??

 

好都合!

 

(ちなみにここでプロフィール写真との差が歴然と現れる人がいて過去にショックを受けることが多々ありましたが、そういう人は画像補正している人ばかりなので補正なしの人を選択するのがショックすることが少なくていいと思います。)

 

 

『遅くもなって仕事帰りだったのにごめんね?』言われて喫茶店へ向かいます。

 

喫茶店はあえて横並びの席があるところにしました。

 

横並びだと距離感が近くなり良い関係になりやすいことと、面と向かってって結構抵抗ありますものね。

 

 

変な感じがするかも知れませんが、コレが意外に効果的!

 

自然な感じが良いならカウンター席がお勧めですね。

 

 


仕事の話や過去の恋愛について1、2時間くらい話した程度で、ここはあえて短く解散させました。

 

一応、次のデートの約束をし解散しました。

 

・池袋

 

いよいよ二回目のデートです。

 

二回目となるとだいぶ最初の頃より打ち解けて、何度か目が合うこともありましたし、リラックスした感じで喋ってくれるようになっていました。

 

サンシャイン水族館に行き、さりげなくボディタッチなど入れたツッコミなども織り交ぜながら距離を徐々に近づけていって、一緒に楽しみました。

 

 

そして手繋ぎテストを行い相手も乗ってきているのか握り返して来てくれました。でも、あまりベタベタしない感じが大切!

 

その後お酒でも飲みに!といいカラオケに誘いました。

 

カラオケで和み、話は性的な話題に持って行くことを目指しながら話をして、少し手を繋ぐって感じでした。

 

デートが終わり、解散後にLINEが届いて「楽しかったです!」

 

とまんざらでもないようなメッセージ!

 

「また遊びましょう」と約束も取り付けて少しずつ仲良くなっていきました。

 

結果、正式にお付き合いする事が出来ました(^^)